· 

IKIGAI 英語版の翻訳です

毎週、金曜日は私が読んでみて皆さんにおすすめしたいと感じた

「本の紹介をする日」にしようかなと思っています。
紹介の仕方は、本の内容を要約したりすると

内容を損なったり解釈が違ったりすると困るので、
気になった言葉や文章を抜粋して紹介したいと思います。

最初の本は、
日本人だけの長く幸せな人生を送る秘訣
「IKIGAI」 
茂木健一郎 著
恩蔵絢子 訳 
https://amzn.to/2sgkLfo

この本は脳科学者の茂木健一郎氏が英語で書き

イギリスで出版したものを日本語に訳した本です。
訳は茂木健一郎氏でないところが面白いところです。

本の帯には、
「日本には、効率や利潤の追求とは異なる幸福な生き方があった。」
とある。

「読者への覚書<生きがい>の五本柱」 より
柱1:小さく始めること
柱2:自分からの開放
柱3:調和と持続可能
柱4:小さな喜び
柱5:<今ここ>にいること
 この5つの柱は本書に頻繁に登場する。

それぞれの柱は、
<生きがい>が花開くための支えとなり、まさに基礎となるからである。
これらは、相反するものではなく、絶対的なものでもない。
また、特別な順番があるわけではないし、序列もない。

しかし、<生きがい>という概念を理解するためには不可欠で、
あなたが本書を読み、自分の人生に照らし合わせて考えていく時の、
手引きとなるものである。

どの柱も出てくる度に新たな、
より深い意味をあなたにもたらすことになるだろう。
 あなたがこの探求の旅を楽しまれることをお祈りして。

あなたは次のように自分自身に尋ねてみて欲しい。
・あなたにとって心から大事にしている一番のものは何か?
・あなたに喜びを与えてくれる小さなことは何か?
もっと幸せで、もっと実り多い人生にするために、
あなた自身の<生きがい>を見つけることにおいて、
これらの質問はとても良い手始めとなるのである。

「訳者あとがき」 より

小さなものを大事にして、喜びを感じ、人生の糧にする。
「決めつけない」という態度だからこそ得られる
<生きがい>がある。

私自身も、これが日本人として既に備わっていること、
そしてより深めていけることに気付かせてもらったことは、
幸いである。

今年1年を考えるためにも、
新年にはちょうどいい本かもしれません。

===============================================
<今日の未来の種>
■ <生きがい>の五本柱
柱1:小さく始めること
柱2:自分からの開放
柱3:調和と持続可能
柱4:小さな喜び
柱5:<今ここ>にいること
を人生に照らし合わせて見る時の手引きとする。

■ 自分自身に尋ねてみてみる。

・あなたにとって心から大事にしている一番のものは何か?
・あなたに喜びを与えてくれる小さなことは何か?