· 

55刷りには訳がある

金曜日なので、恒例の本の紹介です。

 

この本はある方から紹介されて読んだのですが、

「論語」を文字通り物語として読めますし、

文章から臨場感が溢れています。

 

私が購入した2011年当時で55刷です。

1981年の初版いらいどだれけの人が読まれいるのか

すごい人数だと思います。

 

私の拙い紹介では申し訳ないので、

本の裏表紙より

----------------------------------------------

 

 湖人は生涯をかけて「論語」に学んだ。

2000年も経た章句を自由自在に使って、

「論語」で養われた自分の思想を物語に

構成したものが本書で、

「論語」の精神を後世に伝えたい一念が結晶している。

 

孔子と弟子たちが古い衣をぬぎすて、現代に踊りだす。

その光景が現代語でたんねんに描かれている。

 

教育乱脈の今日の日本にとって、本書は万人必読の書である。

--------------------------------------------

 

「論語物語」

 下村湖人 著

https://amzn.to/2CylY6y

 

===============================================

 

<今日の未来の種>

■ 長年読みつがれている本には、その理由がある。

 

■ 著者が亡くなっても読まれている本には、

  読まれる価値がある。