· 

バランスシートに載らない「無形資産」

 

『ビジネスモデル2.0図鑑』
 近藤哲郎 著
https://amzn.to/2NDMArW
 著者の近藤哲郎氏は、
株式会社そろそろ代表取締役。1987年生まれ、
面白法人カヤックに入社。
ディレクターとして、Webサイトやアプリの制作に携わる。
2014年、面白法人カヤックで出会ったメンバーと、
社会課題の解決を目的とした事業や組織を応援するため、
株式会社そろそろを創業。

 この本の序文から抜粋
------------------------------------------------ 
 生き残るビジネスモデルには
「逆説の構造」がある
ビジネスモデル1.0と2.0を分けるもの
本書で紹介している100のビジネスモデルには共通の特徴がある。
・「逆説の構造」がある
・「八方よし」になっている
・「儲けの仕組み」が成立している
の3つだ。

 これまでのビジネスモデルは「儲けの仕組み」と訳されることが多く、
どうしても、その経済合理性ばかりが注目されてきた。
しかし、これからの時代は「儲けられれば何をしてもいい」という仕組みや企業は淘汰されていくだろう。
「起点」「定説」そして「逆説」を考える3つの中で、最も重要なルールが「逆説の構造」だ。
この構造があるかどうかで、ビジネスモデルの新しさ、つまり「創造性」があるかが決まる。

 これまで「一流フレンチ」(起点)は、「座って食べる高級料理」(定説)というのが普通だった。
でも俺のフレンチはそれを「立って食べる手頃な料理」(逆説)にした。
立ち食いにすることで、価格を安くしても、通常のフレンチレストランの3倍前後の回転率になり、客を3倍迎え入れることができる。
だからこそ、ビジネスとして成り立たせることができる。
このように逆説の構造にあてはめると、俺のフレンチというビジネスモデルの「強み」が見えてくる。

「逆説の究極形」がイノベーション逆説の「逆」が最も強い状態こそ、イノベーションだと考えている。
イノベーションは、日本では「技術革新」などと訳されることが多いが、本質的な意味はもっと広く、「革新を創造する」ことを指す。
バランスシートに載らない「無形資産」
無形資産は、ブランドや信用、人材、アイデア、ノウハウといった通常バランスシートに記載されない資産のこと。
別名「のれん」。このような無形資産が、今、大きな注目を浴びている。
資産は通常、お金させあれば買える。
しかし、無形資産はお金があるだけでは得られない。あらゆる創意工夫の結果、ブランド価値につながったり、
いい人材が採用できたり、ノウハウがたまっていたりする。
こうした無形資産を生み出すことこそ、クリエイティブ、つまり創造性が求められる。