小規模家族葬施設×ニッチ戦略で、高収益を実現する葬送ビジネスラボ

経営者の想いを形にするための仕組み創り

葬送ビジネスラボでは、経営者の想いを形にするための仕組み創りをお手伝いしています。

葬儀業界は今、大きな変革期を向けています。葬儀に対するニーズは多様化し、従来の大規模な斎場での葬儀だけではなく、家族葬などコンパクトな葬儀も求められています。

また、他業種からの参入により、低価格なサービスも増加傾向にあり、多くの事業者では、早急に小規模で高収益な葬送ビジネスを構築することが求められているのです。

当然、事業を継続するためには、収益を上げることが大切ですが、同時に経営者の思い描く未来を実現することも大切です。

葬送ビジネスラボでは、そんな多くの事業者が抱える悩みを解決するための取り組みを支援させていただきます。

 


対象企業

葬儀社

新たな顧客の開拓、新しいエリアへの出店をお考えの方へ

従来のセレモニーホールのような大きな投資は必要ありません。少ない投資で、高収益を目指すビジネスモデルです。

 

生花業

本業の強みを活かしながら、新規事業をお考えの方へ
新たな収益事業になるのはもちろんのこと、生花業の
利益にも大きく貢献するシナジー効果の高いビジネスです。

  

介護業界

新たな収益事業をお考えの方へ
看取りのあとも引き続きお世話できることが、
入所者のご家族への大きな安心に繋がるのではないでしょうか。

 

 

不動産オーナー

不動産の有効活用をお考えのオーナーの方へ
少子高齢化と価値観の変化から、小規模・葬儀施設の
需要が増えていますが、まだ施設が不足している状況です。
新たな選択肢としてご検討ください。

 



サービス概要図

小規模で高収益な葬送ビジネスを構築するための仕組み創りには、「店舗構築」と「店舗オペレーション」の両軸をバランスよくコントロールすることが求めらます。葬送ビジネスラボでは、多くの事業が抱える悩みを解決するためのサービスをご提供しています。


お知らせ

2017年5月27日 【終了しました】【経営者向けセミナー|6月12日(火)大宮開催】変化の時代でも業績を伸ばしている葬儀会社が行っている事とは。

 

2018年5月1日 葬祭業の経営者・経営幹部向けCD教材~1日でわかる『地域NO.1を達成した差別化商品』の作り方~を限定割引販売中。詳細はこちらより

 


らぼブログ(最新情報)

新しいスタイル

新しい家族葬施設の撮影を行っておりました。
コンセプトは、リビングで送るお葬式ですので、家族葬の中でもさらに絞り込んだ型になっています。オープニングイベントは来月の中旬からスタートしますが、来館されたお客様の反応が楽しみです。
このタイプの施設は今年になりふたつ目ですが、6月に3つ目がオープン予定です。

集客機能付きの葬儀施設

  葬儀だけしかできない施設は時代遅れになりました。【安置ルーム】はもちろんのこと、【集客機能】がついていることが重要なポイントになって来ました。

【集客機能】といっても、簡単ではありません。
ここが、これからの家族葬施設の肝になりそうです。

関連リンク

   これから楽交  
   これからの「生き方」と「逝き方」を楽しく学びあうコミュニティ